たんぽぽニュース

2012-02-23 11:14:00

首都高速道路の料金が、今年1月1日より新しくなった。営業路線は300キロメートルを超え、複数の経路選択も可能となり「より早く、より快適に」走行出来る環境を料金から支えてくれるもの(距離別料金)である。  

首都高はこれまで、普通車の料金は東京線700円、神奈川線600円、埼玉線400円という料金圏ごとに一律の料金が設定され、料金圏をまたいで利用する場合にはその都度、当該の料金を支払う必要があった。例えば都内から横羽線で多摩川を渡ると700円+600円で1300円、さいたま見沼から東京都内を経由して並木(横浜市)まで走ると3つの料金圏をまたぐため1700円かかっていた。

今年から導入された距離別料金は、ETC普通車で6キロメートル以下が500円、12キロメートル以下が600円と、6キロメートルごとに100円加算され、24キロメートル超で上限900円となる。これにより、さいたま見沼から並木までは900円となり、これまでより800円お得になった。

新料金移行後、料金圏をまたぐ美女木JCT(東京-埼玉)や羽田出入口・川崎浮島JCT(東京-神奈川)などの交通量が増し、旧料金圏を連続して利用する人が着実に増えていることが伺える。このほかにも、首都高とNEXCO道路との乗り継ぎ割引や中央環状線迂回利用割引などの各種ETC割引も設けられている。首都高を上手に乗りこなすのはユーザーの工夫次第となりそうだ。





お問い合わせ先 ■ TEL:0224-29-3667 ■ 住所: 〒989-0244  白石市上久保6-19 ■ Tel : 0224-29-3667 ■ Fax : 0224-29-3668 ■ 営業時間 : 10:00〜17:00 ■ 定休日 : 土・日・祝日

アクセス方法 お問い合わせ