たんぽぽニュース

2012-01-16 12:12:00

今回は白川 克さんのブログ『プロジェクトマジック』から。

■6×8は正解でも8×6はバッテン?

●僕にも解けない算数の問題
僕はブログにはプロジェクトワーク以外のことは書かないことにしていたのだが、あまりに憤慨したのでちょっと聞いて欲しい。娘(2年生)の算数のテスト。

8人にペンをあげます。1人に6本ずつあげるには、ぜんぶで何本いるでしょうか。

ご覧のように、“8×6”だとバッテンで、“6×8”だと正解らしい。何じゃこりゃ。僕がテストを受けたとしても“8×6”と書く。だって問題文はその順番に書いてあるから。さらに答の48本もバツ。丁寧に赤ペンで48本と直してくれている。さらに意味不明。

●★娘にヒアリングしてみた
「何でバッテンだったか、先生説明してくれた?」
「単位が違うと、式の順番が違うんだって」
「? 意味分かる?」
「全然分かんない」


●★かけ算では書く順番が大事??
不思議に思って“かけ算 順序”などでウェブを検索してみたところ、状況が見えてきた。

・どうやら今の小学校では、かけ算の記述順にこだわりがあるらしい
・こだわりの順序とは逆に書くと、バツにする教師が多い
・当然ながらそれについては論争があり、バツにすることに対してナンセンスという意見もある

赤ペン先生で有名なベネッセが“かけ算の順番が逆だったらバツにすべきだよ派”らしいので紹介したい。

かけ算の式は「一つ分の数」×「いくつ分」の順に書く約束になっているので、問題文から正しく読み取って、その通りに式をかけるようにしましょう。小学校では、式の意味を理解することが大切なので、このような約束があります。

どうやら、
“6×8”と書くと“6本×8人”を意味するのだが、
“8×6”と書くと“8本×6人”を意味することになってしまうのでNG
ということらしい。

僕はこれを読んでますます考え込んでしまった。そもそもこんな約束あったっけ? わり算だったら、書く順番は大事だ。でも、かけ算にはどうでもよくね?
日々かけ算を使っている僕ら大人が知らなくても困らない“約束”って、存在意味があるのだろうか? そしてこの“約束”に従って採点することは、数学的にどうなんだろうか??

実際、私の息子もバッテンをもらってきて、同じような気持ちになったことを覚えています。

さて、みなさんはどう思われますか?





お問い合わせ先 ■ TEL:0224-29-3667 ■ 住所: 〒989-0244  白石市上久保6-19 ■ Tel : 0224-29-3667 ■ Fax : 0224-29-3668 ■ 営業時間 : 10:00〜17:00 ■ 定休日 : 土・日・祝日

アクセス方法 お問い合わせ