たんぽぽニュース

2011-12-08 10:05:00

国内外で活躍するプロサッカー選手が、東日本大震災で被災した子供やファンらを勇気づけようと23日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台でチャリティーマッチを行うことが5日、分かった。

FCみやぎ出身で日本代表の香川真司選手(ドルトムント)ら選抜チームとJ1仙台でプレーした佐藤寿人選手(広島)ら東北選抜チームが対戦する。

観客を無料招待し、熱いプレーで復興を後押しする。



試合は「クリスマス・チャリティーサッカー2011」として行われ、日本プロサッカー選手会(JPFA)の主催。香川選手をはじめ、岡崎慎司選手(シュツットガルト)、内田篤人選手(シャルケ)ら日本代表メンバーを中心としたJPFA選抜と、佐藤選手やJ1山形の秋葉勝選手、塩釜FC出身の佐々木勇人選手(G大阪)ら東北出身やゆかりの選手で構成する東北選抜が対戦する。

 


観戦は無料で希望者を公募する。

被災地の宮城、岩手、福島などの県サッカー協会を通じて、小、中学生の選手らも招待する予定。

観客定員の1万9000人を超えた場合は抽選となる。

 


JPFA会長を務める藤田俊哉選手(J2千葉)は「厳しい冬の暮らしにいる被災地の皆さんを応援したい。選手として今できることをして、全国に協力を呼び掛けたい」とコメントしている。

 


試合は23日午後2時10分から。観戦希望者は、7日以降に観戦応募特設ページ

http://www.j-league.or.jp/xcs2011から申し込む。

締め切りは16日。

連絡先はJPFAクリスマス・チャリティーサッカー2011事務局03(5459)2907。





お問い合わせ先 ■ TEL:0224-29-3667 ■ 住所: 〒989-0244  白石市上久保6-19 ■ Tel : 0224-29-3667 ■ Fax : 0224-29-3668 ■ 営業時間 : 10:00〜17:00 ■ 定休日 : 土・日・祝日

アクセス方法 お問い合わせ